つくば教室クラス紹介


各クラスの説明

※学年はあくまで目安であり、個人の成長や技量に合ったクラスでの受講をお願いしています。

幼児クラス

3歳より幼児対象。

先生の指示を聞いたり、真似をしながら走る・手を叩く・座ったまま歩くなどの単純な動作ができるお子さんを対象としています。

音楽性を育て、バレエを通してマナーや協調性も身に着きます

Jr.Aクラス

4歳〜年長さんくらいまでのクラスです。

RADのシラバスクラスを受講される場合、このレベルはPrePrimaryクラスとなります。

Jr.Bクラス

小学校低学年位が対象。初歩的なバレエのポジションとテクニック、またバレエに必要な筋肉の使い方を学び始めます。

1年間で短い踊りを数曲1人で踊れるようになります。

クラスの後期にはバーレッスンも始まります。

Jr.Cクラス

小学校低学年から中学年(3~4年生)位が対象。

バーレッスンで基礎的な身体の使い方を学び、センターレッスンでバレエのステップ・回転・ジャンプなどを学び始めます。

この頃からバレエらしい動きが出来るようになってきます。

Jr.Dクラス

小学校高学年位が対象。Jr.Cクラスよりさらに複雑なステップを学ぶようになります。このレベルからは、週に3回以上のレッスン受講をしていて、かつ身体の成長と技術の達成度を満たした生徒はポワント(トウシューズ)を使用し始めます。

Jr.Eクラス

小学校高学年~中学生位が対象。

このクラスでは、クラシックバレエの高度な技術を本格的に学んでいきます。

更に複雑で高度な技術を学び、クラシックバレエで最も代表的な動きの回転を数種類、加えて様々なジャンプの足さばき、大きなジャンプも学び始めます。

また、一定の条件を満たした生徒は、トウシューズを使用してのレッスンも始まります。

シニアクラス

中学生位からが対象。中級~上級クラス。専門的にバレエを学ぶための基礎を徹底して学び、テクニックの向上を図ります。

アドバンスクラス

専門的にバレエを学びたい中学・高校生以上対象。プロフェッショナルバレエダンサーに要求される高度なテクニックのほとんどを学ぶクラスで、身体能力を高める為の様々な取り組みをしています。

◯必須技能クラス

必須技能クラスは、通常クラスにプラスして受講する事で技術の理解や習得スピードが格段に上がる為、全ての生徒さんに受講をお勧めしております。

 

【RADクラス】

グレーで表記されているクラスはRADクラスです。

RADクラスについてはこちらのページをご覧ください

 

【コンテンポラリークラス】(月1回開催)

コンテンポラリークラスでは、クラシックバレエでは触れる事のない身体の使い方や表現方法を学びます。

近年のバレエコンクール等ではコンテンポラリーダンスが必須科目になっている事がほとんどです。

また、クラシックバレエだけでは学べない自由な身体の使い方を身に付ける事で、テーマパークダンサーや劇団四季、宝塚歌劇団など、様々な分野で活躍する応用力のあるダンサーを目指す事ができます。

【ヴァリエーションクラス】

ヴァリエーションと呼ばれる、古典バレエにおいて代表的なソロの踊りを学ぶクラスです。

コンクール出場には必須のクラスです。