講師紹介・コンセプト

 

世良 留実(教室主宰/RAD公認講師)

 

 

 

世良バレエ教室主宰

英国ロイヤルアカデミーオブダンス(RAD)登録教師

一番の基礎、立ち方に目を向けて指導を行っています。

バレエをご自分が習いたい、またはお子さんに習わせたいと考える理由として、
・正しく美しい姿勢を手に入れたい
・柔軟性を高めたい
・リズム感や音楽性を向上させたい
・バレエの優雅な所作を身に着けたい

このようなお考えをお持ちではないですか?
世良バレエ教室では上記で上げた全ての技術を1~2年程で必ず身につけることができます。

クラシックバレエの基本は"正しい立ち方"。バレエダンサーが「立っているだけでも美しい」のは、立っているだけのように見えてその実、様々な筋肉を同時に使いながら指先まで神経を張り詰め、身体を引き上げながら立っているからなのです。


そしてその"立ち方"こそがバレエの最大の要であり、どんな高度なテクニックもこの"正しい立ち方"無しには成り立たちません。

"立ち方"、をバレエを始める最初の段階で正しく学ぶことは、バレエの技術を向上させるための一番の近道です。


逆にこの"立ち方"を、間違った教えにより正しく会得できなかった場合、真っ直ぐに立てなかったり、直すのに数年かかる間違った癖がついてしまったりと、大幅な遠回りをしてしまう事になりかねません。

(実際によそのお教室から移籍してこられた生徒さんの中には上記のような癖がついてしまっているお子さんが多数見受けられ、当教室ではこのような生徒さんの身体の使い方や癖を修正する指導も行っております。)


間違えて身につけた癖や立ち方は、その後のバレエテクニックの向上への大きな障害になるばかりでなく、バレエを続けていけなくなるような大きな怪我に繋がる可能性もあります。

 

そのため世良バレエ教室でのレッスンでは、まずこの立ち方を徹底的に指導します。

RADの国際的なシラバスに則った指導

国際的な教育プログラム(R.A.D.)のシラバスに沿って、段階的に、そして確実にバレエに必要な身体・テクニックを習得していきます。

RADはイギリス国営の組織であり、世界最大のクラシックバレエ専門教育機関です。

特に幼児期から青年期までの子供たちについての知識、理解に特化した年齢別のシラバスを使用し、毎年の検定試験でシラバスの理解度、定着度を細かく採点されます。


テクニックを重視した従来のバレエ教授法とは違い、生徒さん一人ひとりの身体の条件に合わせた的確な指導、そしてそれぞれが一番美しく魅せられるラインの作り方・繊細なバレエの表現法までを丁寧に教えています。